球泉洞ってどこにある?神秘的な洞内を歩きながら楽しむ【熊本県球磨村】

この記事にはプロモーションが含まれています。

『球泉洞』は、熊本県球磨村にある天然の鍾乳洞で、周囲を木々に囲まれた自然豊かな場所に位置しています。

令和2年7月の豪雨で球泉洞近くのトンネルや周辺施設が土砂に埋まってしまいましたが、令和4年(2022年)4月に1年9ヶ月ぶりに復活を遂げました。

この記事では、熊本県球磨郡球磨村にある球泉洞についてご紹介します。

    この記事で分かること
    • 球泉洞について
    • 球泉洞へのアクセス
目次

『球泉洞』とは

球泉洞は、1973年3月に愛媛大学の探検隊によって発見された鍾乳洞です。

全長4.8kmの洞窟で、色とりどりの鍾乳石、さまざまな形をした石筍、石柱などが見どころで、このうち観光用に公開されている部分は約800mです。

約3億年前に海底にあった石灰岩層が隆起して生まれたとされており、3億年という年月が経って今も石柱や石筍は成長を続けています。

球泉洞に行ってみました。

受付

受付にて、鍾乳洞を巡るコースを選択することができます。

一般コース探検コース
大人(高校生以上)1,100円1,900円
中学生800円1,600円
子供600円1,400円
幼児(3歳以上)450円

一般コースは、洞内を約30分程度ゆっくりと散策できます。

対して、探検コースは、一般コースで巡る箇所に加え、40mの縦穴を急な階段を使って上り下りするコースで、所要時間は約1時間程度かかります。

どちらのコースがいいのか迷う方もいらっしゃると思いますが、重度の高所恐怖症の方や体力に自信のない方以外探検コースを選ばれるとより一層洞内を楽しめます。

探検コースの階段です。写真ではうまく伝わらないかもしれませんが、ほぼ梯子と同じ角度です。

ぱるて

普段運動してないからか、階段の上り下りがきつかった・・・

筆者は、探検コースを選び、受付横で安全のために無料でヘルメットと長靴を貸してもらいました。

靴のサイズもしっかりと伝えましょう。

ぱるて

まるで気分はインディ・ジョーンズです。

洞内へ

球泉洞に入ると、まるで異次元空間に迷い込んだような気分になります。

洞内は、豊かな自然の驚異である鍾乳石や石筍、石柱などが多数あり、その美しさは目を見張るものがあります。

ぜひ実際に行って確かめて欲しいので、個人的によかった写真と共に洞内を紹介していきます。

透き通った地下水の泉

洞内に入って最初の入口にある透き通った地下水の泉です。

洞内が神秘的な場所と感じさせられ、来た人の心をワクワクさせてくれます。

間近で見れる鍾乳石

間近で見れる鍾乳石です。

実際に手で触れられるほど近く、長い年月をかけて作られた力強さを感じることができます。

迫力のある滝

探検コースで訪れることのできる滝です。

滝が勢いよくドドーッっと流れる音と共に、滝を間近で見ることができます。

その音は、近くにいる人の声も聞こえにくいほどです。

探検コースの最後に見ることができる鍾乳石です。

迫力と達成感と共に味わうことができます。

これを見るために探検コースを選んで良かったと感じられます。

球泉洞スピリアル

洞内の気温が年間を通じて約16度と一定ということもあり、球磨焼酎を熟成保存しているエリアがあります。

焼酎を購入すれば誰でもオーナーになることができ、最長20年まで洞内に保管できます。

子供が生まれた際に焼酎を購入し、20年間保管して成人した際に一緒に飲む方が多いらしいです。

おわりに

今回は、熊本県球磨村にある球泉洞についてご紹介しました。

令和2年7月の豪雨災害から復興した球磨村を代表する観光スポットです。

あなたも地球が作り出した3億年の年月が生み出した自然の神秘を見に行かれてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それでは!

アクセス

住所など

住所:熊本県球磨郡球磨村大瀬1121

電話番号:0966-32-0080

営業時間:9時~17時 ※16時30分まで受付

定休日:水曜日

・九州自動車道人吉ICより車で約30分

・九州自動車道八代ICより車で約50分

・南九州西回り自動車道芦北ICより車で約20分

\ フォローしてね /

\ フォローしてね /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次