叶わぬことはナイ⁉品川を守り続ける龍神さまが祀られている神社「荏原神社」【東京都品川区】

荏原神社

この記事にはプロモーションが含まれています。

この記事では、東京都品川区にある荏原神社についてご紹介します。

南天王とも呼ばれ水の神様や食の神様など5柱の神様を祀っており、709年に創建されもともとは品川貴船社と呼ばれていましたが、1875年に荏原神社に改称されました。源氏や上杉氏、徳川氏などの武家と深いつながりがあり品川区の歴史と文化を象徴する神社です。ぜひチェックして行ってみてくださいね。

この記事で分かること
  • 荏原神社について
  • 荏原神社へのアクセス

▼近くの宿をさがす!

目次

荏原神社の御祭神、ご利益は?

荏原神社の御祭神は「豊受姫之神(トヨウケビメ)」、「天照大神(アマテラスオオミカミ)」、「須佐男之尊(スサノオノミコト)」、「高龗神(オカミノカミ)」、「手力雄之尊(アメノタヂカラオノカミ)」の5柱の神を祀っています。勝運、学問、商売繁盛、交通安全、病気平癒、家内安全、恋などにご利益があるとされており、古より荏原神社に祈願すれば叶わぬことは無いと言われています。

実際に参拝してきました

荏原神社は、「新馬場」駅から徒歩で約5分、「天王洲アイル」駅から徒歩で約15分の場所にある神社です。

実は明治天皇は荏原神社に4度行幸されており、源氏・北条氏・徳川氏・上杉氏などもあがめ敬っていたとされる神社です。

1932年(昭和7年)に旧品川町が荏原郡全域とともに東京市に編入されたときに、品川の繁栄を図ろうと東海七福神が創設され、荏原神社には恵比寿さまが祀っています。

本殿です。よく見ると2匹の龍が上から見下ろしています。

社務所で御朱印(300円)をいただけます。自分自身で日付を記入します。

おわりに

この記事では、東京都品川区にある荏原神社についてご紹介しました。

品川区の歴史と文化を象徴する神社の1つである荏原神社。祈願すれば叶わぬことは無いといわれる龍神のパワーを受け取りに参拝してみてはどうでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それでは!

荏原神社へのアクセス

住所など

住所:東京都品川区北品川2丁目30−28

営業時間:9時~16時30分

電話番号:03-3471-3457

・「新馬場」駅から徒歩で約5分

・「天王洲アイル」駅から徒歩で約15分

\ フォローしてね /

\ フォローしてね /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次